体験プログラムで地域をリ・デザイン

体験プログラムで地域をリ・デザイン


一般社団法人くりはらツーリズムネットワークは宮城県栗原市で活動する市民団体です。
地域資源を活用して、市民が文化的・精神的・経済的に充実した暮らしを営むことを目的に、足元の価値を大切にして活動しています。
100人の市民で、100種類以上、年間100回以上の体験プログラムをはじめ、手づくり品の販売や公共施設の運営などに取り組んでいます。
体験プログラムを主体にした活動で、地域資源の価値を見直して、地域をリ・デザインする活動です。 ABOUT

現在、サイトを全面リニューアルするための作業中です。情報量が多いので、作成したコンテンツから順次、公開しています。

栗原市農泊推進協議会

行政や市内の団体、個人で構成し、当会が中核法人として運営する団体です。滞在型の旅の創出をミッションに、プロダクトの開発や人材育成、プロモーションに取り組んでいます。
 

こんちゅう館

ラムサール条約登録指定湿地「伊豆沼・内沼」のほとりにある昆虫標本を展示するミュージアムです。2018年から指定管理者として運営しています。

長屋門ステイProject

当会の本社にしている栗原市若柳畑岡にある古民家の長屋門を宿泊施設化するプロジェクト。東京大学林憲吾研究室の学生達が設計に取り組んでます。

CLEAN WETLANDS Project

伊豆沼・内沼は多様な生物の宝庫であり美しい湿原である一方、ゴミの投棄が多く見受けられます。ゴミ拾いをすることで、ウェルネスな暮らしを実現するためのプロジェクトです。

 

十文字商店ECサイト

市民の手作りをコンセプトにしたお店です。ECサイトのほか、カタログでの定期便、イベントへの出店などで販売しています。

くりくりサイクリングくらぶ

アドベンチャー、グラベル、バイクパッキングをキーワードにサイクリングイベントに取り組んでいるプロジェクトです。

CoffeeStandひしの実

こんちゅう館の隣にある栗原市スワントピア交流館にある飲食スペースを内沼観光物産協会から賃借し、テイクアウトコーヒーの提供と、チャレンジショップやゲストシェフイベントで営業しています。