▶ ホーム > 体験プログラム > 2019年度 > 第36回一迫林間学校

ほんにょのイラスト 体験プログラム

グッドデザイン賞地域の“まで”な暮らしをリ・デザイン
くりはらツーリズムネットワークの体験プログラムは、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

【傷害保険】当会が開催する体験プログラム等のイベントは、傷害保険に加入しています。詳しくは、「傷害保険の加入」のページをご覧ください。

| 第36回一迫林間学校

木に触れ、気(木)をつかう

薪薪「一迫林間学校」は、身近な森林と触れ合い、森林・林業への理解を深め、林産物の需要を喚起するため、約30 年前から一迫林業研究会が取り組んでいる“林業の学校”です。
今回は、近年利用機会の少ない薪の資源としての価値を見直す内容です。自然の中での活動を通じ、木に触れ、気(木)遣いの気持ちを学びます。

第36回一迫林間学校「森の恵み」
第36回一迫林間学校「森の恵み」第36回一迫林間学校「森の恵み」・日時:2019年8月4日(日)9:00~12:00(集合:8:30~9:00)
・場所:栗原市一迫長崎地区内
・内容:薪割り、森林・林業に関する講演、森林・林業に関するクラフトワークショップ
・定員:15人(定員になり次第締切) ※対象年齢はご相談ください
・参加費:3,000円(傷害保険料含む)
・持ち物・服装:野外活動に適した服装(長袖、長ズボン)と靴、軍手、タオル、着替え、飲み物、雨具(レインウェア)
・注意事項:
 □写真や動画で撮影し、PRに利用します。あらかじめご了承のうえ、 お申込み願います。
 □天候その他の都合で、中止または内容を変更することがあります。
・実施体制
(主催)一迫林業研究会
(共催)宮城県森林組合青年部連絡協議会、栗駒高原森林組合青年部、長崎地区コミュニティ推進協議会
(協力)むげよすざ、一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
(後援)栗原市、宮城県北部地方振興事務所栗原地域事務所、宮城県林業研究会連絡協議会、宮城県林業技術総合センター、宮城県森林組合連合会、栗駒高原森林組合

【申込方法】※受付時間:平日の9:00~17:30
○電話またはメールでお申し込みください。
 <必要事項> 氏名(ふりがな)・住所・電話番号・生年月日

【必ずご確認ください】
□各プログラムは、定員に達した時点で申込受付を終了します。
□催行人数に満たない場合や天候その他の都合で、中止または内容を変更することがあります。あらかじめ御了承願います。
□各プログラムの開催6日前以降にキャンセルした場合、参加費相当のキャンセル料をいただく場合があります。
□体験プログラムの様子を写真や動画で撮影し、PRに利用します。あらかじめご了承のうえ、お申込み願います。
□各プログラムの参加費には傷害保険料が含まれます。

チラシのダウンロード

 ダウンロード(タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選んで保存してください)

ファイル名
・ファイル名/20190804_makiwari.pdf
・サイズ/約2,285KB

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号:090-4889-5310
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    lecture_1.pnglecture_1.png
    support_1.pngsupport_1.png
    友の会友の会
    栗原のふつう栗原のふつう
    映像映像
    プロジェクトプロジェクト
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    問い合わせ問い合わせ

    十文字商店Webshop(BASE)

    長屋門ステイProject

    こんちゅう館(栗原市サンクチュアリセンターつきだて館)

    くりくりサイクリングくらぶくりくりサイクリングくらぶ

    過疎地域自立活性化優良事例総務大臣賞

    2015年度グッドデザイン賞 受賞

    第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015 食文化・普及啓発部門優秀賞 受賞

    生物多様性アクション大賞2017審査委員賞

    第5回グッドライフアワード実行委員会特別賞環境社会イノベーション賞