▶ ホーム > 体験プログラム > 2017年度 > 藁文化ワークショップ「釜台(鍋敷き)」in仙台

ほんにょのイラスト 体験プログラム

グッドデザイン賞地域の“まで”な暮らしをリ・デザイン
くりはらツーリズムネットワークの体験プログラムは、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

【傷害保険】当会が開催する体験プログラム等のイベントは、傷害保険に加入しています。詳しくは、「傷害保険の加入」のページをご覧ください。

| モノづくりで藁文化を学ぶ

藁文化ワークショップ「釜台(鍋敷き)」in仙台

釜台(鍋敷)釜台(鍋敷)  稲作を暮らしの真ん中にしてきた栗原市では、稲藁は生活の様々な場面で使われてきました。硬いのに形を作りやすい柔軟な素材の特徴を生かして、衣食住のあらゆる場面で藁が登場します。
 このワークショップでは、藁で一人1個の釜台を作り、お持ち帰りいただきます。鍋敷きとしても利用できる日用品です。「藁文化」といえる藁を扱う知恵や工夫といったワザの一端を学ぶワークショップです。

募集内容

【藁文化ワークショップ「釜台(鍋敷き)」in仙台】
・日時:2017年8月2日(水)
 vol.1(午前の部) 9:30~13:00
 vol.2(午後の部) 14:00~17:30
・場所:エルパーク仙台 和室1
  (〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目11-1)
  ※141ビル(仙台三越定禅寺通り館)5階
・内容:一人1個の釜台(直径約12cm)を作り、持ち帰り
・参加費:3,500円(傷害保険料を含む)
・定員:各回8人(最少催行人数3人)
 ※定員になり次第締切
 ※親子や友人で2人以上1組の参加も可能です。
・持ち物:汚れてもよい服装 ※小手(園芸用のアームカバー)があると便利です
・申込方法:電話またはEメール

実施体制

(主催)一般社団法人 くりはらツーリズムネットワーク
(主管)大場寿樹

チラシのダウンロード

 ダウンロード(タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選んで保存してください)

ファイル名
・ファイル名/20170802_warabunka.pdf
・サイズ/約1,175KB

藁文化ワークショップ「釜台(鍋敷き)」in仙台チラシ藁文化ワークショップ「釜台(鍋敷き)」in仙台チラシ

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号/FAX番号:0228-24-8588
○受付時間:月~金曜日・午前9時~午後6時 ※土・日曜日、祝日は定休
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    lecture_1.pnglecture_1.png
    support_1.pngsupport_1.png
    友の会友の会
    栗原のふつう栗原のふつう
    映像映像
    プロジェクトプロジェクト
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    問い合わせ問い合わせ

    2015kaso.png

    2015gooddesign.png

    2015foodactionnipon.png