▶ ホーム > 体験プログラム > 2015年度 > 伊豆沼・内沼エコツアー「マガン観察」

ほんにょのイラスト 体験プログラム

グッドデザイン賞地域の“まで”な暮らしをリ・デザイン
くりはらツーリズムネットワークの体験プログラムは、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

【傷害保険】当会が開催する体験プログラム等のイベントは、傷害保険に加入しています。詳しくは、「傷害保険の加入」のページをご覧ください。

<終了>

| 伊豆沼・内沼エコツアー

マガン観察(早朝の飛び立ち・夕方のねぐら入り)

数万羽のマガンが一斉に飛び立ち・ねぐら入り

マガンの飛び立ちマガンの飛び立ち 冬の伊豆沼・内沼には、渡り鳥が越冬に訪れます。特にマガンは、日本で有数の越冬地といわれています。
 早朝の飛び立ち、夕方のねぐら入りは、数万羽のマガンが一斉に空を覆う圧巻の光景です。
 伊豆沼・内沼の自然環境と人の暮らしの結果として生み出される感動のシーンを観察するプログラムです。

【日時】2015年10月5日(月)~2016年1月下旬まで
※土日祝日を含めて、ご希望の日に随時開催します。ご相談ください。
【場所】伊豆沼または内沼

マガンのねぐら入りマガンのねぐら入り○時間/
 ①飛び立ち観察:(集合)4:30から6:00ごろ集合、(解散)7:00から8:30ごろ解散
 ②ねぐら入り観察:(集合)15:00から16:30ごろ集合、(解散)17:30から19:00ごろ解散
  ※時期によって異なります。申込の際にご確認ください 
○集合場所/次のいずれか
 ・宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター駐車場(〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡敷味17-2)
 ・サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)駐車場(〒987-2224 宮城県栗原市築館横須賀養田20-1)
○移動手段/集合場所から観察場所へは、各自の自家用車で移動します。
○内容/マガンの飛び立ちまたはねぐら入りの観察
 ※オプション:オナガガモ、オオハクチョウの餌付け体験(飛び立ち観察後またはねぐら入り観察前)
○定員/各回6人(最小催行人員2人)
参加費/1,500円/人(傷害保険料を含む)
○申込期限/観察日の2日前の正午まで
○エスコーター/大場寿樹、菅原美恵
○服装/
 ※防寒対策をしっかりしてご参加ください。
 ・耳が隠れる帽子や耳当て
 ・インナーを重ね着して防寒着を着るかスキー・スノーボードウェア
 ・厚手の手袋
 ・マフラーやネックウォーマー
 ・厚手のタイツなどをインナーに履き、厚手のパンツ
 ・厚手の靴下を2重に履く
 ・防寒の靴や長靴
 ・レインウェア
 ・懐炉(かいろ)
○お願い/
 ・当日の天候により観察できる内容が異なります。
 ・悪天候の場合、中止または延期することがあります。

201610-201601_ecotour.jpg201610-201601_ecotour.jpg

チラシのダウンロード

 ダウンロード(タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選んで保存してください)

ファイル名
・ファイル名/201510-201601_ecotour.pdf
・サイズ/約1,278KB

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号:090-4889-5310
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    lecture_1.pnglecture_1.png
    support_1.pngsupport_1.png
    友の会友の会
    栗原のふつう栗原のふつう
    映像映像
    プロジェクトプロジェクト
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    問い合わせ問い合わせ

    栗原市サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)

    過疎地域自立活性化優良事例総務大臣賞

    2015年度グッドデザイン賞 受賞

    第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015 食文化・普及啓発部門優秀賞 受賞

    生物多様性アクション大賞2017審査委員賞

    第5回グッドライフアワード実行委員会特別賞環境社会イノベーション賞