▶ ホーム > 栗原のふつう > 栗原のふつう【005】めかご

栗原のふつう

栗原のふつう001002003004005

【005】 めかご

栗原のふつう【005】めかご栗原のふつう【005】めかご

祖母が生前に作っためかご(写真左)は、長年使い込んでいくうちに飴色に。右側は親戚が作ったばかりのもの。
めかごは、竹を六つ目に編んだかご。全国的に作られていて、採れる竹の種類によって材料は様々。栗原の場合は、シノタケ(篠竹)が主。そのほか、用途や大きさ、人によっては細いスズタケ(篶竹)や太いマダケ(真竹)、モウソウダケ(孟宗竹)を使う場合もあります。
六つ目に編みこむワザはもちろん、編む前の下ごしらえが難しい一品。秋彼岸から春彼岸までの冬の間に篠竹を採取し、鉈で竹を4つに割り、皮と身をはがします。はぐことを「へぐ」ということから、身をはいだ竹ヒゴをヘゲとよぶことがあります。この作業がとにかく難しい… 
めかご作りは、農家の女性の農閑期の手仕事。冬に土間や板の間で作業して作っためかごは、親戚や近所に配ったり、買い付けにくる業者さんに売ったりしたそう。
水切りが他の素材に比べて抜群に良い優れものです。

ファイルのダウンロード

ファイル名
・データ名/normal004.pdf  ・サイズ/約1,205KB

※掲示、Web投稿等にどうぞ利用ください。

(掲載日:2017年1月21日)

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号/FAX番号:0228-24-8588
○受付時間:月~金曜日・午前9時~午後6時 ※土・日曜日、祝日は定休
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    映像映像
    栗原のふつう栗原のふつう
    プロジェクトプロジェクト
    友の会友の会
    問い合わせ問い合わせ

    2015kaso.png

    2015gooddesign.png

    2015foodactionnipon.png