▶ ホーム > 栗原のふつう > 栗原のふつう【004】ねっけ豆

栗原のふつう

栗原のふつう001002003004005

【004】 ねっけ豆

栗原のふつう【004】ねっけ豆栗原のふつう【004】ねっけ豆

米と大豆が主な材料という、栗原らしい料理。
「ねっけ豆」の「ねっけ」は「練る」に由来するといわれています。「ねっけえ」とよぶ人や「豆ねっけ(え)」という地域もあります。
ねっけ豆は、農作業の小昼やお茶うけ、子どものおやつとして食べられてきた郷土料理。子どものころのおやつの定番は、おばあさんが作る「ねっけ豆」と「がんづき」でした。
もともとは空腹を満たすための「かて食」。くず米を粉にしたり、使う粉がそば粉や雑穀であったり。干した大根の葉や茎の汁に、そば粉を入れて作ったという記録もあります。
郷土料理では、餅料理のように「ハレ」の日に食べるものと、日常の「ケ」の日に食べるものがあります。「ケ」の食の多くは、家族のお腹を一年間満たすために、お母さんが手に入る材料で創意工夫したもの。「ねっけ豆」もその一つといえます。
材料の品質が向上したことで、現代のねっけ豆は上等な和菓子のような味わい。上新粉の香りと、ねっとりした舌ざわりに、青大豆の食感と甘みが口のなかでやさしく広がります。

ファイルのダウンロード

ファイル名
・データ名/normal004.pdf  ・サイズ/約1,205KB

※掲示、Web投稿等にどうぞ利用ください。

(掲載日:2017年1月20日)

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号/FAX番号:0228-24-8588
○受付時間:月~金曜日・午前9時~午後6時 ※土・日曜日、祝日は定休
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    映像映像
    栗原のふつう栗原のふつう
    プロジェクトプロジェクト
    友の会友の会
    問い合わせ問い合わせ

    2015kaso.png

    2015gooddesign.png

    2015foodactionnipon.png