▶ ホーム > 栗原のふつう > 栗原のふつう【002】えびもち

栗原のふつう

栗原のふつう001002003004005

【002】 えびもち

栗原のふつう【002】えび餅栗原のふつう【002】えび餅

冠婚葬祭はもちろん、お盆や正月などの年中行事では、必ず餅料理を神仏に供えて、そのお下がりを食べるのがご馳走でした。
多い地域では、年間に70日も餅を食べる日があったそうです。今でも、一家に一台は餅つき機があるほど。
たくさんの種類がある餅料理のなかで、沼エビを使った「えび餅」は定番の餅料理。沼で採った沼エビを醤油と酒で調味し、餅とからめます。
エビは火を通すと赤くなり、餅にからめると紅白で見た目にも美しいので、お正月やお客様が来たときのご馳走として作られてきました。
沼エビの姿そのままに餅にからめているので、初めて見た人にはなかなか強烈なインパクトを与えるそうです。
沼エビは、餅料理の以外にも、おひたしにかけたり、大根おろしと一緒に食べます。
立派なお髭が口の中に刺ささることがあるので、どうぞご注意を。

ファイルのダウンロード

ファイル名
・データ名/normal002.pdf  ・サイズ/約1,377KB

※掲示、Web投稿等にどうぞ利用ください。

(掲載日:2015年4月4日)

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号/FAX番号:0228-24-8588
○受付時間:月~金曜日・午前9時~午後6時 ※土・日曜日、祝日は定休
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    lecture_1.pnglecture_1.png
    support_1.pngsupport_1.png
    友の会友の会
    栗原のふつう栗原のふつう
    映像映像
    プロジェクトプロジェクト
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    問い合わせ問い合わせ

    2015kaso.png

    2015gooddesign.png

    2015foodactionnipon.png