▶ ホーム > お知らせ > 2015年度 > 第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015 食文化・普及啓発部門優秀賞 受賞

ほんにょのイラスト お知らせ

| 第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015 食文化・普及啓発部門優秀賞 受賞

地元食の体験プログラム ~食は地域を知る一番の近道~

表彰状をもつ伊藤廣司副会長表彰状をもつ伊藤廣司副会長 くりはらツーリズムネットワークが最も得意とする「食」の体験プログラムが、このたび「第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015(主催:農林水産省)」の「食文化・普及啓発部門」で優秀賞を受賞しました。
 当会では、郷土料理はもちろん、地元の食材を使って手づくりする「まで」な文化に価値があり、それらを総称して「地元食」という言い方で体験プログラムを実施してきました。「食」をひも解いていくと、地域の文化や歴史、風土が観えてきます。「食は地域を知る一番の近道」ではないかと考えています。
 今回、当会の「地元食」の取組みが評価を受けてこの賞を受賞でき、とても嬉しいことであると同時に、今後の活動の励みになります。
 今後も「地元食」の価値を体験プログラムを通じて表現していきたいと考えています。

表彰の概要

「地元食の体験プログラム」でフード・アクション・ニッポン アワード2015受賞

【受賞名称】 第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015 食文化・普及啓発部門 優秀賞
【取組の名称】 地元食の体験プログラム ~食は地域を知る一番の近道~
フード・アクション・ニッポン アワード2015ポスターフード・アクション・ニッポン アワード2015ポスター【取組の概要】
 地域の“まで(丁寧)”といわれる地域文化を、年間100回以上、述べ2千人以上に体験プログラムとして提供しています。市民が趣味や特技、職業を生かして、農作業から家屋の修復、アウトドアなどの体験プログラムを年間100回以上実施しています。特に「食」は「地域を知る一番の近道」と考え、郷土料理からお菓子などの現代的な料理までを「地元食」と表現し、私たちが最も得意な体験プログラムとして実施しています。
【主催】 農林水産省
【後援】 内閣府・文部科学省・観光庁・環境省
【表彰日】 2015年11月19日(木)
【募集期間】 2015年6月29日(月)~8月31日(月)
【URL】 第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015http://syokuryo.jp/award/

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号/FAX番号:0228-24-8588
○受付時間:月~金曜日・午前9時~午後6時 ※土・日曜日、祝日は定休
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    映像映像
    栗原のふつう栗原のふつう
    プロジェクトプロジェクト
    友の会友の会
    問い合わせ問い合わせ

    2015kaso.png

    2015gooddesign.png

    2015foodactionnipon.png