▶ ホーム > お知らせ > 2010-11年度 > くりはらツーリズムアカデミー第1回講演会

ほんにょのイラスト お知らせ

<終了しました>

| 第1回講演会

くりはらツーリズムアカデミー事業

6次産業の最前線とアイデア事例

"メディア・発信対策の秘訣"

講師:BE-PAL(ビーパル)地域活性化総合研究所
主任研究員 鹿熊 勤 氏

 今後、益々多様化する都市住民のニーズに対応し、更に魅力的な交流事業を展開するため、グリーン・ツーリズム実践者等の人材の育成とその相互連携による推進体制づくり、地域住民への普及を図っていくことを目的に開催します。

○日時/2012年3月21日(水曜日) 午後3時~5時
○場所/栗原市市民活動支援センター多目的室
○定員/80人 ※申込不要
○参加費/無料
○主催/くりはらツーリズムネットワーク
○協力/栗原市産業経済部農林振興課・田園観光課(くりはら研究所)、栗原市観光物産協会、NPO法人Azuma-re

▽こんな方にオススメです
一般の興味ある個人・団体、観光事業者、観光団体、観光ボランティア、地域おこし団体・まちづくり団体、一次産業従事者、加工業者、産直関係者、サービス業者、行政関係者
●新しい見方、楽しみ方をしたい人 ●発想の転換や視野を広げたい人 ●ものづくりに関わっている人
●ものが売れない ●お店にお客さんが来ない など

鹿熊 勤氏講師プロフィール
BE-PAL地域活性化総合研究所 鹿熊 勤(かくま つとむ)氏
1960年生まれ。編集者を経てフリーランスの記者に。88年よりアウトドア情報誌『BE-PAL』(小学館)に参加し、環境問題、各地に伝わる野遊びの知恵などを取材。その過程で「地方ベンチャー」、「地域再生」のうねりに出会いウオッチングを続ける。それらを分析するBE-PAL誌上の「ゲンキな田舎!」は、連載5年目に入った人気企画。 同連載をまとめた事例集『葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち』(小学館)は増田寛也総務大臣も絶賛。立教大学兼任講師。

くりはらツーリズムアカデミーチラシ

チラシのダウンロード

 ダウンロード(タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選んで保存してください)

ファイル名

・ファイル名/20120321-31_academy.pdf

・サイズ/約665KB

 【問い合わせ先・申込先】
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
○電話番号:090-4889-5310
○電子メール: kurihara.tn@gmail.com
○所在地:〒989-5504 宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味45番地

▲ ページトップへ

    コンテンツ

    ホームホーム
    体験プログラム体験プログラム
    くりはら博覧会らいんくりはら博覧会らいん
    栗原地元食大学栗原地元食大学
    栗原手づくり市「十文字商店」栗原手づくり市「十文字商店」
    lecture_1.pnglecture_1.png
    support_1.pngsupport_1.png
    友の会友の会
    栗原のふつう栗原のふつう
    映像映像
    プロジェクトプロジェクト
    団体紹介団体紹介
    お知らせお知らせ
    問い合わせ問い合わせ

    こんちゅう館(栗原市サンクチュアリセンターつきだて館)

    過疎地域自立活性化優良事例総務大臣賞

    2015年度グッドデザイン賞 受賞

    第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015 食文化・普及啓発部門優秀賞 受賞

    生物多様性アクション大賞2017審査委員賞

    第5回グッドライフアワード実行委員会特別賞環境社会イノベーション賞